複数のバストアップサプリを併用できる?

複数のバストアップサプリを併用しても良いの?

少しでもバストアップの効果を高めるために、複数のサプリメントの併用を考えている女性は多いかもしれません。

確かに、複数のバストアップサプリを摂取すればそれだけ女性ホルモンは活性化されるため、乳腺が刺激されて脂肪が増えて胸は大きくなっていきます。

しかし、過剰摂取していると逆にホルモンバランスが崩れ、生理不順や生理痛など不快な症状が引き起こされやすいので注意が必要です。

健康食品なので明確には定められていないものの、バストアップサプリの中に含まれていることの多いプエラリアミリフィカの1日の目安摂取量は400mg程度だと言われています。

つまり、複数のバストアップサプリを併用するつもりならば、両方とも目安の摂取量を減らして400mgを超えないように注意した方が良いでしょう。

「400mgを少しでも超えたら危険」とは一概に言えませんが、どの製品も400mgに焦点を当てて作られており、1日に800mgを摂取していればバストアップどころか体調不良で悩まされやすくなるのです。

とは言え、女性の身体のリズムに合わせて、2種類のバストアップサプリを飲み分けするのは適した方法の一つとなっています。

生理後から排卵日⇒卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌量が高まる
排卵後から生理⇒黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量が高まる

このような本来のリズムを崩さないように、生理後から排卵日にはエストロゲン系のサプリ、排卵後から生理にはプロゲステロン系のサプリを飲めば良いのです。

下記では得られる効果に合わせて商品を選ぶ目安をご紹介しているので、一度参考にしておきましょう。

プエラリアやブラックコホシュが含まれている⇒エストロゲンと似た働きをする
ワイルドヤムやチェストツリーが含まれている⇒プロゲステロンと似た働きをする

もし、2種類のバストアップサプリを併用して飲み分けるのが面倒だと感じているのならば、当サイトでご紹介しているLUNAをおすすめします。

LUNAは女性の身体のサイクルに合わせて2種類の製品が用意された新基準のサプリメントなので、生理後からは「きらきら期用」、排卵後からは「まったり期用」を飲んでバストアップを図ってみてください。

>>LUNAの詳しい情報はこちらから!<<

バストアップサプリとピルは併用できるの?

ピルとは経口避妊薬のことで、医師から処方してもらって服用する女性は増えました。

避妊だけが目的でピルを服用するのではなく、下記のような効果も同時に得ることができます。

・生理痛の症状を和らげる
・PMS(月経前症候群)の症状を緩和する
・生理周期を安定させる
・女性ホルモンを整えて妊娠しやすくする
・子宮内膜症や卵巣がんといった婦人科系疾患を予防する

そこで、このような作用のあるピルを服用しながら、バストアップサプリを併用できるのか疑問を抱えている女性は多いかもしれません。

ピルを服用して生理時の症状を和らげながらバストアップも同時に行いたいと考えるのは不思議ではないものの、危険性が高いので絶対にやめましょう。

バストアップサプリと他の健康食品ならば併用しても身体に大きな悪影響はなく、美容のために酵素サプリやプラセンタサプリを飲んでいる人はいます。

しかし、ピルは健康食品ではなく内服薬ですし、両方とも女性ホルモンに作用するので下記のような症状で悩まされやすくなるのです。

・不正出血が引き起こされやすくなる
・イライラしたり不安になったりと情緒不安定になる
・吐き気や腹痛で悩まされる
・貧血や倦怠感で悩まされる
・月経周期が不安定になる

このようなリスクがあるため、ピルとバストアップサプリの併用は禁じられています。

もし、どうしてもバストアップサプリを飲みたいのならばピルの服用を中止しなければならず、その判断はかかりつけの医師に委ねてください。


バストアップサプリの基礎知識