産後のバストアップサプリは大丈夫?

産後にバストアップサプリを飲んでも大丈夫なの?

産後の授乳中は赤ちゃんに母乳を与えるためにある程度バストは大きくなるものの、「卒乳するうちに萎んでいった」「断乳してから垂れた」という悩みを抱えている女性は多いかもしれません。

妊娠して赤ちゃんを生んでも女性ということには違いないですし、いつまでも美しくて大きなバストを維持したいと考えるのは当然です。

妊娠前よりもハリを失って小さくなったと口コミを残している女性は多く、その状態を改善するためにバストアップサプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

バストアップサプリはどの時期でも効果的で、「産後にバストが萎んだ」⇒「妊娠前の状態に戻す」⇒「妊娠前よりも更に大きくする」と少しずつ変化を実感できます。

得られる効果には個人差がありますし、「100%バストアップできる」と言い切ることはできませんが、サポート的な役割を果たしてくれるのは事実です。

そもそも、産後に断乳(赤ちゃんに母乳を与えるのをやめること)してからなぜバストが萎んだり垂れたりするのか、その理由を下記ではご説明しているので一度確認しておきましょう。

・妊娠や出産で女性ホルモンの分泌量が増え、バストが大きくなって形を維持しているクーパー靭帯が切れて元に戻らなくなった
・産後は乳腺を発達させるエストロゲンの分泌量が減少し、母乳を出すためのプロラクチンが増えて伸びきった皮膚が元に戻らない
・授乳中に赤ちゃんに母乳を与えることで乳首を下へと引っ張られて下向きになる

このような原因でバストが垂れやすく、エストロゲンの分泌量を増やせるからこそバストアップサプリが効果的だと考えられているのです。

サプリメントの摂取で乳腺の働きを活性化させれば、胸の辺りの脂肪が増えてバストアップや垂れの改善に繋がりますし、ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分が含まれている製品ならば肌にハリや潤いをもたらしてくれます。

・産後も着たい服を着られるようになる
・友達と温泉に行く時に自信を持てる
・プールや海で自信を持ってビキニを着たい

上記のような変化を得られるので、バストアップサプリをお探しの方は無添加のベルタプエラリアを飲んでみてください。

>>ベルタプエラリアの詳しい情報はこちらから<<

産後にバストアップサプリを飲む上での注意点について

産後にバストアップサプリを飲むに当たり、幾つかの注意点があります。

それは授乳後にバストアップサプリを飲み始める時期で、母乳を与えている最中は女性ホルモンが乱れているため3ヶ月程度は期間を空けるべきです。

医薬品ではないので神経質になる必要はありませんし、授乳中に飲み続けていても赤ちゃんに悪影響が加わることはありません。

それでも、産後の女性の身体は自分が想像している以上にデリケートで、なるべく負荷を加えないような生活を送る必要があります。

正確には産後から授乳を終えて母乳が止まり、生理が始まってからのタイミングがベストでホルモンバランスの乱れによる不快な症状を予防できるはずです。

また、産後のバストの悩みを解消するためにバストアップサプリだけではなく、下記のような対策も同時に行ってみましょう。

・産後はバストのサイズが変わりやすいので母乳を与えている段階で授乳用のブラジャーを着用する
・クリームやジェルを使ってバストを支えている大胸筋をマッサージしてハリを維持させる
・座ったまま試せる大胸筋を鍛えるエクササイズやストレッチを産後に行う
・弾力のある胸を手に入れるためにビタミンAを含む食べ物を食べる(ニンジン・かぼちゃ・ほうれん草・トマトetc)

産後は特に慣れない子育てで精神的なストレスが溜まりやすく、赤ちゃんに合わせた生活を送ることで睡眠不足に陥るかもしれません。

寝不足もホルモンバランスを乱す原因となるので、少しでも睡眠の質を高められるような努力も同時に行ってみてください。


バストアップサプリの基礎知識