バストアップサプリに含まれているイソフラボン

バストアップサプリに含まれているイソフラボンについて

バストアップサプリの中に含まれているこの多い栄養素がイソフラボンで、豆乳や豆腐など大豆製品に含有されている植物性ポリフェノールの一種となっています。

このイソフラボンは女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た働きを持っており、バストを大きくするための乳腺を発達させてくれるからこそバストアップサプリの中に配合されているのです。

納豆のように簡単に摂取できる食べ物が多いので日本人は不足するケースは少ないものの、食品では十分な量を補うことができないかもしれません。

それに、バストアップサプリにはイソフラボン以外の女性ホルモンの分泌を助ける成分も同時に含まれているため、胸を大きくしたいと考えている女性から注目されています。

バストアップだけではなくイソフラボンには以下のような効能も持ち合わせており、女性にとって欠かせない栄養素なのは間違いないでしょう。

・卵巣機能の低下を防いで女性の天敵とも言える更年期障害の症状を和らげる
・肌の新陳代謝をアップさせて弾力を維持するのに欠かせないコラーゲンを増やして美肌を保つ
・血中コレステロール値の増加を防いで血液をサラサラの状態にして生活習慣病を予防する
・脱毛酵素の働きを抑制してくれるのでストレスによる抜け毛対策として適している
・子宮ガンや卵巣ガンといった女性特有の病気を予防する
・血液の循環を良くして脳細胞の働きを活性化させ、やる気を起こしてうつ症状を改善する

イソフラボンの摂取によって病気の治療に繋がるわけではないものの、上記のように美しい肌を保ったり生活習慣病を予防したりという素晴らしい効果を持っています。

エストロゲン受容体とくっ付いて女性ホルモンと同様の働きでバストアップをサポートするだけではなく、美容に欠かせない存在だからこそサプリメントで摂取する女性が現代では増えました。

当サイトでご紹介しているバストアップサプリのベルタプエラリアにはプエラリアミリフィカが使われており、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っています。

大豆イソフラボンというわけではありませんが、卵胞や黄体から分泌される女性らしい体つきを得るためのホルモンを活性化してくれるのです。

美肌を維持するために欠かせない他の美容成分もバランス良く配合されているので、是非一度ベルタプエラリアを飲んでみてください。

>>ベルタプエラリアの詳しい情報はこちらから<<

バストアップサプリを飲む場合はイソフラボンの過剰摂取に注意しよう

上記ではイソフラボンの摂取により、女性ホルモンの分泌を助けてバストアップに繋げられると説明しました。

しかし、サプリメントを飲む場合は過剰摂取に注意しなければならず、「飲めば飲むほどバストアップ効果が期待できる」というわけではありません。

大豆イソフラボンに限った話ですが、内閣府食品安全委員会では1日の目安摂取量として70mg~75mgと設定しています。

200mlの無調整豆乳⇒68mg
200mlの調整豆乳⇒50mg
200mlの豆乳飲料⇒30mg

このように豆乳の中には意外と多くのイソフラボンが含まれており、「胸を大きくしたい」「美肌を手に入れたい」と考えてガブガブと飲むのは危険です。

大豆製品を食べて普段の食生活でイソフラボンを補っているのにも関わらず、バストアップサプリで更に取り入れるとなると下記のような症状が引き起こされるリスクが高まるので注意しましょう。

・生理不順が引き起こされる
・生理周期が長くなったり短くなったりする
・乳がんのリスクが高まる
・不正出血や出血過多のリスクが高まる
・PMS(月経前症候群)の症状が重くなる

正常なホルモンのバランスを乱して上記のような症状が引き起こされるリスクがあるため、目安摂取量を守らなければならないのはお分かり頂けるはずです。

上記でご紹介しているベルタプエラリアは、1日に3粒という目安がメーカーで設定されていました。

それを超えた量を摂取しても比例したバストアップの効果は得られませんし、体調不良を引き起こす原因となるので十分に注意してください。

>>ベルタプエラリアの詳しい情報はこちらから<<


バストアップサプリの基礎知識