バストアップサプリに副作用はあるの?

バストアップサプリに副作用はあるの?

バストアップサプリを摂取するに当たり、副作用の有無を気にしている人は多いはずです。

基本的にバストアップサプリには副作用はなく、医薬品ではなく健康食品の一種に該当するのが大きな理由となっています。

病気を治したり症状を改善したりという医薬品の本来の目的のことを「主作用」と呼び、治療目的に沿わない不快な症状が副作用です。

ドラッグストアで市販されている風邪薬や頭痛薬にも少なからず副作用はあり、眠気が引き起こされたり身体がだるくなったりという症状を経験した方は多いかもしれません。

つまり、医薬品を服用した時に引き起こされるのが副作用なので、サプリメントを普通に飲んでいれば不快な症状では悩まされないのです。

ただし、選ぶ製品を間違っていたり飲み方を守っていなかったりすると、本来の目的とは違った症状が出るかもしれないので注意しましょう。

偽物のプエラリアミリフィカが含まれている

プエラリアミリフィカには女性ホルモンのエストロゲンに作用する働きがあり、バストアップサプリの中に配合されていることが多くなっています。

この植物は希少価値が非常に高く、バストアップサプリの中には品質が悪かったり偽者が含まれていたりという製品が存在します。

そのようなサプリメントを飲んでバストアップを図ろうとすると副作用のような症状が引き起こされやすいため、下記のような点に気を配って製品を選びましょう。

・最も高評価を得ているAAAランクのプエラリアを使っているかどうか
・似たような名前のプエラリアロバタやプエラリアファセオロイが含まれていないかどうか
・信頼できる会社やメーカーがサプリメントを製造しているかどうか

上記の全てに該当するのが当サイトでご紹介しているベルタプエラリアで、タイのチェンマイ地方で栽培されている純正プエラリアを100%使っています。

高品質の証であるAAAランクのプエラリアが配合されており、お客様へのサポート体制もバッチリなのでバストアップを考えている女性は一度注文してみてください。

>>ベルタプエラリアの詳しい情報はこちらから<<

1日の目安の摂取量を守っていない

1日の目安摂取量を守らずにバストアップサプリを飲んでいると、副作用のような症状が健康食品でも引き起こされることがあります。

ビタミンやミネラルといった身体に必要な栄養素でも過剰摂取によって何かしらの弊害があるように、バストアップサプリも飲み過ぎは危険なのです。

バストアップサプリを摂取した女性のインターネットの口コミでは頭痛や生理痛を訴えている方がいますが、その60%以上の女性が過剰摂取していたことがアンケートで分かりました。

「短期間でバストアップしたい」「数ヵ月後の夏までに間に合わせたい」と考える気持ちは分かります。

それでも、通常の女性ホルモンの割合を乱すような飲み方は危険なので、メーカーが推奨している目安摂取量をきちんと守りましょう。

お酒と一緒に飲んでいる

摂取量を守らないだけではなく、お酒と一緒にバストアップサプリを飲むのは避けなければなりません。

医薬品ではないので飲み方は厳格に決まっていないものの、女性ホルモンが分泌されている時は体内で肝臓の働きが弱まりやすくなります。

つまり、お酒が入っている状態でバストアップサプリを摂取すると、体内のアルコールが分解できずアセトアルデヒドという物質が残りやすくなるのです。

尿や便からアセトアルデヒドが排出されず体内に残ると、二日酔いや頭痛、動悸などの様々な症状が出やすいので十分に注意してください。

バストアップサプリの基礎知識