バストアップサプリと女性ホルモン

バストアップサプリと女性ホルモンの関係性について

「バストアップサプリを飲むとなぜ胸が大きくなるのだろうか?」という疑問を抱えている女性は多いかもしれません。

これは以下のように、2種類の女性ホルモンが大きく関わっています。

エストロゲン:生理の終わりから排卵前にかけて分泌量が高まり、女性らしさを作ったり自律神経を整えたりする
プロゲステロン:排卵後から次の生理にかけて分泌量が高まり、受精卵が子宮内膜に着床しやすくなるといった妊娠を助ける働きがある

バストアップサプリの中にはこの女性ホルモンの分泌を助ける成分が含まれており、その際たるものがプエラリアミリフィカです。

全てのバストアップサプリに配合されていると言っても過言ではない植物で、エストロゲンを増加させる働きがあります。

「新陳代謝を向上させる」「胸のラインを形成する」「美肌を促す」という効果があるため、バストアップサプリを飲むことで女性ホルモンが増え、胸を形作るのに重要な乳腺が刺激されて胸が大きくなるというメカニズムです。

エストロゲンと一口に言ってもエストロンやエストラジオール、エストリオールと複数の種類があってそれぞれ働きは異なります。

それでも、女性の美しさと密接な関わりがあるのは紛れもない事実で、バストアップサプリを飲めば不規則な生活で乱れたホルモンバランスを整えることもできるのではないでしょうか。

普通に日常生活を送っていても女性ホルモンの分泌が急激に増えることはなく、そういった意味ではバストアップサプリの摂取が最適です。

当サイトでご紹介しているベルタプエラリアにはヒアルロン酸やコラーゲンなど、プエラリアをサポートする美容成分も豊富に含まれているので一度飲んでみてください。

>>ベルタプエラリアの詳しい情報はこちらから<<

バストアップのためにエストロゲンを増やす努力をしよう

バストアップに必要なのは女性ホルモンのエストロゲンだと上記では説明しました。

私たちのバストの90%は脂肪で形成されており、エストロゲンのお陰で乳腺が発達すれば脂肪がついて次第に大きくなっていきます。

しかし、通販で取り扱っているサプリメントを継続的に飲んでいても、生活習慣が乱れていて女性ホルモンのバランスが乱れていては意味がありません。

そのため、バストアップサプリを飲むのに加えて、下記のような対策を練って女性ホルモンを増やせるように努力してみましょう。

・プエラリアと同じようにエストロゲンと似た作用を持つイソフラボンが含まれた大豆製品を食べる
・エストロゲンを作り出す卵巣の機能アップを図るためにビタミンEが含まれたモロヘイヤやかぼちゃを食べる
・ローズやカモミール、セージといった女性ホルモンと関係しているハーブティーを飲んでみる
・ドキドキ感やワクワク感で脳を刺激するために恋愛をする(無理に恋をするのはストレスが溜まるのでNG)
・乳首を結んだ中心から少し下の壇中(だんちゅう)や、身体の中心と脇の下が交差する渕腋(えんえき)といったツボを刺激する
・夜の22時から深夜の2時のゴールデンタイムと呼ばれている時間に就寝して成長ホルモンの分泌を促す

このような対策を同時に行っていれば、バストアップサプリの効果を今以上に高めることができます。

ただし、女性ホルモンを増やしたいからといって、目安以上のバストアップサプリを飲むのは危険なので絶対に避けなければなりません。

必要以上に摂取するとエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れ、下記のようなトラブルが引き起こされやすくなります。

・生理不順
・身体のだるさや倦怠感
・頭痛
・貧血
・不正出血
・不妊
・肌荒れ

場合によっては自律神経の交感神経と副交感神経に乱れが生じ、自律神経失調症といった精神的な病気に繋がることもあるのです。

生活習慣の見直しで自然に増やすのは問題ありませんが、通常の女性ホルモンの割合を乱すような飲み方はやめてください。

上記でご紹介したベルタプエラリアは1日に3粒が目安だと公式ホームページで記載されていました。

個人の体質に合わせて3粒以下を続けるのは良いものの、目安を超える4粒以上のサプリメントを飲むのはホルモンバランスを乱す原因となりますし、効果が比例して高まるわけではないので注意しましょう。

>>ベルタプエラリアの詳しい情報はこちらから<<

バストアップサプリの基礎知識